1. 斬の良いとこ悪いとこ

斬の良いとこ悪いとこ




初めての方は初めまして!

町田 擬古です。

本記事は斬について語る内容となっております。

色々言ってますが、私個人の意見です。

あくまで参考程度に閲覧して頂けますと幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

え、誰?

 

旧アイコンのぎこさんです。

 

引退したまま消え失せれば良かったものの・・・

今更戻ってきたかこの野郎。

 

夢幻BRが面白過ぎるのが悪い

記念すべき第500回に久しぶりに参戦させて頂いたんだけど、

とても熱くなっちゃって・・・

その回は負けちゃったんだけど、「勝ちたい」って気持ちがまた沸き上がってきたよ。

 

久々で思い出しながらになるけど、

これからはまた参加させて頂く予定だよ。

参加されている夢幻プレイヤーの方々、何卒よろしくお願いいたします。

 

あんた武器改造毒見にスタミナ50消費するの忘れてうっかり体力削りかけてたし

一部のエリアのBADイベントも忘れてたし

名前だけで刺武器斬武器の区別がつかなくなってたよね。

今までの参加歴で何を学んでたの?

 

・・・・・・・・・・

 

なんかお前顔のバランスおかしくね?

 

おい。オメーが生みの親だぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、まずは斬の良い所と悪い所が挙げていくね。

個人的に、気持ち的に強く感じている順に並べています。

【良い所】

・低コストで35~40武器が容易に作れる

・NPCスキルで破壊されることがない。

・複数のNPCが、優秀な斬武器を持っている

・命中率が他の近接属性と比べてそこそこ高い。

・刀匠を使えば刃こぼれを防げる

 

【悪い所】

・砲・爆武器と比較すると爆発力がない

・市場に頼る必要がある

・[斬][刺]の混合武器を扱う際、反撃時に刺として攻撃してしまう

 

 

・低コストで威力35~40の耐久99武器が作れる

まずこちらね。

私が斬を使っていて一番感じている強みです。

例えば 「天のむら雲」「阿修羅」という武器があるのですが、

これらの武器(29/99)+鋼(8/1)だけで、35/99の武器が作れます。

更に火力が欲しければ、砥石(5/1)を使いましょう。

他種の武器で同じスペックを作るとなると、耐久値が99であっても元の威力が低く、大量な素材が必要になるので

それらと比較した場合、斬はコスパ良く良武器が作れます。

昔と比べると今は参加者人数が落ち着いておりますので、

大事に使っていけば、この改造品1本を最後まで使っていくことも可能です。

 

・NPCスキルで破壊されることがない。

最終日で大きく響きます。

一度、「システマ」というNPCスキルを使ったことがあるのですが、

敵の武器がどんどん壊れました

その時は乱数が偏っていたのかもしれませんが、

あまりの発動数に、同情すら覚えてしまいました。

斬はいずれのNPCスキルでも破壊の対象外ですので、安心して戦えます。

 

・複数のNPCが、優秀な斬武器を持っている

終盤限定になってしまうけど、死体から調達できるのも大きい!

どれもなかなかに高性能です。

また、最終日戦にもこちらのメリットは大きく響いてくると思います。

NPCスキルには破壊対象外ではあるものの

最終日戦に平和主義をモロに食らって、手持ちの武器を全てロストする可能性だってあります。

万が一の時に、武器の調達が安定してできるというのは大きな安心感です。

事前に、NPCの死体の場所を覚えておくとGOODです!

 

 

・命中率が他の近接属性と比べてそこそこ高い。

説明書では命中率「A」になっているので、一応高い部類なのだと思います。

体感として熟練度0の場合は命中率80%

熟練度8を超えた時点では90%くらいになっている感じです。

それでも外す時はバンバン外しやがります

 

 

 

次にデメリットです。

 ・砲・爆武器と比較すると爆発力がない

ダメージ補正のかかる武器ら(砲・爆?)と比較した際、どうしても力不足を感じてしまいます。(爆に関しては、噂でしか聞いていないので実際に補正がかかっているかは不明です。)

彼らはその分コスト面で負荷がかかっていますが、

殺害を重ね、金銭的に余裕のあるプレイヤーには恐怖を感じます。

 

・市場に頼る必要がある

同じ近接属性である殴・棍・刺とは違い、斬は基本的に全武器が消耗品です。

使い続けていれば、いずれはすり減ってなくなります。

そのため、斬で安定した熟練度稼ぎを実現するには、市場に頼る必要があります。

仮に一切の斬武器が市場に回らなければ、自力で斬武器を見つけるしかありません。

高威力のものであればどの武器種も市場に頼る形になりますが、

斬は熟練度用の武器を確保するためにも定期的に市場から購入する必要があるので、

斬武器は殴・棍・刺よりも市場の依存性が高いと言えるかもしれません。

 

・[斬][刺]の混合武器を扱う際、反撃時に刺として攻撃してしまう

特にゴウヴェルトを使用している際に、ぐぬぬとなります。

 

 

 

こんなところでしょうか・・・

総評すると、斬武器は無難に扱いやすいバランス型てな感じです。

市場に若干左右される所はありますが、

それ以外のステータスは高水準にまとまっていると思います。

 

ほーん・・・

刀匠について一切触れてないけど、

このスキルの扱いについてはどうなの?

 

刀匠はね~~~~~~~う~~~~ん・・・効果としては魅力的なんだけど

スキル枠を1つ使うのが痛すぎる・・・

他のスキルを犠牲にして無理やり刀匠使うぐらいなら、

回数制の斬武器を使うかな・・・

幸い精神力消費はあまり重たくないから、待機時の反撃用として使ってる感じだ。

 

行動時には追跡とか俊足とか、そっちの優秀なスキルを付けたいよね。

 

そうなんです。

このスキルを使用している時は「常時スキルだったら・・・!」とずっと思ってるよ。

ただ、斬武器が市場に出回っていない時は重宝するし、

斬の∞武器の中には威力40を超える武器も存在するから、

スキルと武器が揃った場合、戦闘力稼ぎを意識し始めるね。

 

あんた前に刀匠つけ忘れてて、青龍刀(42/∞)がっつり刃こぼれさせてたよね

 

いい思い出。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上になります。

まあでも結局、武器によって一長一短あるし、面白さも違ってくるハズなので、

やっぱりPGごとに使いたい武器を使うのが一番!です。

剣道部になった方や斬を使ってみたい方が、この記事を読んで参考となって頂けたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

ところでお前も良い斬武器(カマイタチ35/99[斬])持ってたよね

くれよ

 

ヒモ野郎が

2 コメント

  1. 西 蓮

    2021-07-01 19:25

    ぎこさんこんにちは、西 蓮です。
    斬は刺や銃などと比べると使用率低めですが使い勝手のいい武器ですよね。
    命中率が高いので近距離武器の中では一番好きですね。
    40/99武器を比較的安価で作成できるので、刺と比較しても意外と合計でかかる金額は数千円程度しか差はない気がします。
    特に最終日は安定感抜群ですし、蜘蛛切丸で負傷を狙われて行動を足止めされたときは厄介でしたね。
    また、ほぼ毎回武器作成をする関係上、武器名でその人ごとの特色が出るのも面白い所ですね。

  2. 佐川

    2021-07-17 20:36

    面白いし参考になった